メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 日本語指導に外部人材 文科省提言、外国人児童支援

 日本語教育が必要な外国人の児童生徒らへの指導体制確立を目指し、文部科学省は28日の有識者会議に、日本語教師ら外部人材の活用や動画コンテンツの開発を提言した。早ければ来年度の予算化を目指す。

 日本の公立小中高校などに通い「日本語教育が必要」と判断された児童生徒は2016年度時点で全国に約4万4000人いたが、うち約1万400人が指導を受けられない「無支援状態」に置かれていた。現場からは「指導者がいない」…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです