メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 日本語指導に外部人材 文科省提言、外国人児童支援

 日本語教育が必要な外国人の児童生徒らへの指導体制確立を目指し、文部科学省は28日の有識者会議に、日本語教師ら外部人材の活用や動画コンテンツの開発を提言した。早ければ来年度の予算化を目指す。

 日本の公立小中高校などに通い「日本語教育が必要」と判断された児童生徒は2016年度時点で全国に約4万4000人いたが、うち約1万400人が指導を受けられない「無支援状態」に置かれていた。現場からは「指導者がいない」…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです