メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公取委

芸能契約、口頭は「NG」 独禁法上の問題例示

 公正取引委員会は、芸能事務所が芸能人と結ぶ契約などに関し、独禁法上問題となり得る行為をまとめた。退所した芸能人を出演させないようテレビ局に圧力をかけたり、契約終了後は一定期間活動できない義務を課したりして、移籍や独立を諦めさせることを問題視した。公取委は事務所など関係者に周知し、改善を求める。

 公取委が27日、自民党に示した。事務所が芸能人と書面でなく口頭で契約を結ぶことや、一方的に契約を更新することも例示した。一方的に著しく低い報酬を要請したり、肖像権などを無償で譲渡させたりすることも含め、強い立場…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. 一斉休校は「科学より政治の悪い例」 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです