メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

来月、ジャカルタで「絆」駅伝2019

[PR]

 日本とインドネシアの友好を深める「ジャカルタ『絆』駅伝2019」を9月15日、開催します。14年に始まり6回目。昨年に続き日本政府が推進するスポーツを通じた国際貢献事業「SPORT FOR TOMORROW」に認定されました。今回は特別ゲストとして、早稲田大に留学中の学生でインドネシア人ユーチューバーのジェローム・ポリンさんが大会に参加し、レース会場の模様をSNSで発信します。

     <日時>9月15日(日)午前6時半スタート<コース>ジャカルタ中心部にある国立競技場「グロラ・ブンカルノ・スタジアム」周辺の約2・5キロ(4人で約10キロ)<出場チーム>原則日本人、インドネシア人混成(4人1組)の約600チーム(募集は終了しました)<主催>毎日新聞社、コンパス紙<後援(予定含む)>ジャカルタ特別州、在インドネシア日本大使館、ジャカルタジャパンクラブ(JJC)、じゃかるた新聞<ゴールドパートナーズ>第一生命保険、パニン・第一ライフ、大塚製薬、住友林業、東急不動産<シルバーパートナーズ>ANA、三菱商事、大林組、パナソニック、SOMPOホールディングス、大成建設<ブロンズパートナーズ>C-PRO、Jトラストグループ、キョウダイ・レミッタンス、パパイヤフレッシュギャラリー、ロート製薬、ストライダーズ、トヨタ自動車、デンソー、YKK AP<メディアパートナー>WAKUWAKU JAPAN<大会協力>ALSOK、ガルーダ・インドネシア航空

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

    2. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

    3. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

    4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

    5. 連休なのに…千葉の観光地悲鳴「アクセス復旧を」 シーワールドは早々に再開

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです