メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

田中弥生さん=ドラッカー研究者から女性2人目の会計検査官へ

田中弥生さん=東京都千代田区で2019年8月20日、宮武祐希撮影

 大半の人にとって会計検査院は最もなじみの薄い役所ではなかろうか。

 だから9月2日付でそこの検査官になると伝えても、作業服を着て現場に出かけていく姿を想像されがちだ。「ドラマの『科捜研の女』のイメージなら沢口靖子でいいんですけど、『マルサの女』って思われていたりもするんですよ」と笑う。

 実際は省庁の事務次官よりもランクが上の特別職公務員。3人の検査官が経営ボードになり合議で会計検査院全体を指揮する。女性の検査官就任は史上2人目だという。

 もともとはマネジメント学の権威ピーター・ドラッカーの研究者。米国で師事して非営利組織論を学んだ。社会には市民性の創造が大事だという信念から、「エクセレントNPO大賞」などを通してNPOの育成、強化にも取り組んできた。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. ORICON NEWS 在日ファンク、浜野謙太の血流障害治療のため年内のライブ活動休止 新曲「報告」に乗せて“報告”

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  5. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです