メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

元素周期表150周年 メンデレーエフの発見、歴史と意義

 化学の授業で「水兵リーベ……」と語呂合わせで覚えた人も多い周期表。この世界を作っている要素である「元素」のカタログで、科学の発展に欠かせない。今年は、ロシアの化学者メンデレーエフが元素周期表を発表して150周年を迎えた。歴史や意義を振り返る。【斎藤有香】

 ●原子量・性質で整理

 元素とは、身の回りの物質を作る基礎的な成分のことだ。フランスの化学者ラボアジエが1789年、空気中に酸素が含まれていることを発見し、元素を「それ以上分解できない物質」と定義した。その後、1805年にイギリスの化学者ドルトンが、元素にはそれぞれの「重さ」にあたる「原子量」があることを発表。これにより、元素を重さで整理できるようになった。

 原子量と元素の性質に規則性があることを1869年に初めて見いだしたのがメンデレーエフだ。当時わかっ…

この記事は有料記事です。

残り1427文字(全文1785文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです