メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

元素周期表150周年 メンデレーエフの発見、歴史と意義

 化学の授業で「水兵リーベ……」と語呂合わせで覚えた人も多い周期表。この世界を作っている要素である「元素」のカタログで、科学の発展に欠かせない。今年は、ロシアの化学者メンデレーエフが元素周期表を発表して150周年を迎えた。歴史や意義を振り返る。【斎藤有香】

 ●原子量・性質で整理

 元素とは、身の回りの物質を作る基礎的な成分のことだ。フランスの化学者ラボアジエが1789年、空気中に酸素が含まれていることを発見し、元素を「それ以上分解できない物質」と定義した。その後、1805年にイギリスの化学者ドルトンが、元素にはそれぞれの「重さ」にあたる「原子量」があることを発表。これにより、元素を重さで整理できるようになった。

 原子量と元素の性質に規則性があることを1869年に初めて見いだしたのがメンデレーエフだ。当時わかっていた63種類の元素についてメンデレーエフは、白紙のカードに元素の名前と原子量、性質を記し、ゲームのように並べていくことで、性質が似ているものが周期的に現れることに気づいたという。これを基にメンデレーエフは、縦に原子量の小さい順、横に似た性質の元素を記した「元素周期表」を発表した。周期表には空欄や「…

この記事は有料記事です。

残り1277文字(全文1785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです