メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

国際生物学賞に米教授

 日本学術振興会(里見進理事長)は20日、生物学で優れた業績を上げた研究者をたたえる国際生物学賞を、米ハーバード大のナオミ・ピアス教授(64)に贈ると発表した。

 ピアス教授は、昆虫と他の生物が結ぶ共生関係の専門家。アリがチョウの幼虫を敵から守る代わりに蜜をもらうという助け合いも、チョウの栄養をアリが…

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文286文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです