森友学園

補助金詐欺 虚偽申請、籠池被告認める

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 学校法人「森友学園」(大阪市)を巡る補助金詐欺事件で、詐欺などの罪に問われた前学園理事長、籠池泰典(66)と、妻諄子(62)の両被告の第13回公判が28日、大阪地裁(野口卓志裁判長)であった。被告人質問で籠池被告は、大阪府・市からの補助金について虚偽申請したと認め、「とても反省している」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り59文字(全文209文字)

あわせて読みたい

ニュース特集