メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TICAD7で首相が中国けん制「相手国が借金漬けになっては皆さまの進出を妨げる」

第7回アフリカ開発会議の開会式で演説する安倍晋三首相=横浜市西区で2019年8月28日午後3時10分、小川昌宏撮影

 安倍晋三首相は29日、横浜で開催中の第7回アフリカ開発会議(TICAD7)であった日本の企業関係者らが参加する「官民ビジネス対話」に出席し、「相手国が借金漬けになっては、皆さまの進出を妨げる」と述べた。中国の過剰な融資によってアフリカの一部の国が「債務超過」に陥っている状況を念頭に発言したとみられ、中国をけん制した形だ。

 アフリカは、人口が現在の約13億人から2050年には約25億人とほぼ倍増し、世界の約4分の1を占めると予想されている。アジアに続く次の巨大マーケットと期待され、各国が支援会議を開いて「先行投資」に力を入れている。特に「太刀打ちできない資金力」(日本政府関係者)で存在感を強めているのが中国だ。その一方で、一部の国が中国による巨額融資で財政が悪化し、中国の意向を無視できなくなっている問題も指摘されて…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです