メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

9月の内閣改造・自民役員人事 二階幹事長「続投論」が広がる背景とは

処遇が注目される主な閣僚ら

 9月前半に予定されている内閣改造・自民党役員人事を巡り、二階俊博幹事長の「続投論」が政府・与党内に広がっている。「党ナンバー2」として3年余り安倍晋三首相(党総裁)を支え、7月の参院選でも勝利した手腕を評価し、政権の「安定」を維持すべきだとの見方があるためだ。ただ、野党出身議員をも引き込んで自身の派閥を拡大するなど、「強引」とも呼べる手法には自民党内に不満もくすぶっている。

 首相は今月26日(日本時間27日)、フランス・ビアリッツでの記者会見で、人事について「安定と挑戦の強力な布陣を敷いていきたい」と述べた。「安定」は政権中枢の維持を意味するとみられ、続投で調整している菅義偉官房長官、麻生太郎副総理兼財務相のほか、二階氏らの処遇が焦点となっている。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文970文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです