トーゴ大統領、即位の礼連続出席へ 海外要人では初

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 アフリカ西部トーゴのニャシンベ大統領は28日、横浜市で開催中の第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に合わせて安倍晋三首相と会談し、10月に行われる天皇陛下の「即位の礼」に参列する意向を表明した。1990年の平成の即位の礼にも大統領代理として出席しており、10月の来日が実現すれば2回連続で即位の礼に参列する初の海外要人になるという。

 2005年から大統領を務めるニャシンベ氏は、前回の即位の礼に当時大統領だった父の代理で参列した。外務省によると、首相は会談でこの点に触れ、「10月の即位の礼に出席いただければ世界で初めて2回連続の参加となる」と参列を求めた。ニャシンベ氏は「ぜひ出席したい」と応じたという。

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文466文字)

あわせて読みたい

注目の特集