メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文大統領 強硬姿勢を復活 経済、歴史問題で日本に「正直になれ」

文在寅韓国大統領=AP

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は29日の閣議で、日本による一連の輸出規制強化について「日本は経済報復の理由すら正直に明らかにせず、言葉を変えながら合理化しようとしている」と非難した。また、「歴史問題に対する態度も正直でない」とも主張。日本の植民地支配からの解放を記念する8月15日の光復節演説では対話を呼び掛けた文氏だが、対日強硬姿勢を復活させた形だ。

 文氏は「正直」という言葉を3回、「率直」を2回使いながら、10分余の発言時間のほぼ半分を対日批判に…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです