メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマホのビデオ通話で110番 兵庫県警が実証実験 来年度からの本格導入目指す

通報者が撮った映像を県警通信指令課員がパソコン画面で確認しながらやり取りできる=神戸市中央区の兵庫県警本部で、藤顕一郎撮影

[PR]

 スマートフォンのビデオ通話機能を使って、110番の通報者に交通事故や災害の現場を詳しく知らせてもらう実証実験を、兵庫県警が今月から始めた。現場の状況を素早く正確に把握し、警察官を現場にどう配置すべきか判断するのが狙い。9月10日までに試験運用して効果を検証し、来年度からの本格導入を目指す。県警によると全国の警察で映像を使った通報システムは例がないという。

 新システムは「Live110」(仮称)。地理情報などを提供する通信システム会社「ドーン」(神戸市中央区)が開発した。県警通信指令課が110番を受けた際、GPS(全地球測位システム)で現場の位置を確認し、ビデオ通話ができるか確認。通話料が通報者の負担になることに承諾が得られた場合、県警からショートメールで専用のURLを送信。通報者がアクセスすると、同課員がノートパソコンの画面で現場の状況を見ながら会話もできる。

 同課によると、110番は1日平均約1300件を受信し、台風など災害の多い夏場は1日2000件に達することもある。これまでは通報があっても、警察官が現場に到着するまでに時間がかかり、配置する人数や場所を判断する材料が乏しい場合があったという。ドーンは既に救急や救命などで同様の実証実験を進めており、警察でも使えると着目した。

 課題もある。危険な現場の場合、安全確保をしながら、どこまで近づいて撮影してもらうべきか個別の判断が必要となる。また、通話料は1分間で40円程度かかる見込みで、通報者の費用負担についても検討が必要だ。県警通信指令課は「新しいシステムに理解を得られるよう、丁寧に説明したい」としている。【藤顕一郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 「消費増税ストップ!」 導入反対デモに600人 野党増税反対で一致

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです