メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米イージス艦の見張り不十分 米兵死亡事故で運輸安全委報告書

左舷船首部分が損傷したコンテナ船=米沿岸警備隊が運輸安全委員会に提供

 静岡県伊豆半島沖で2017年6月、米海軍のイージス駆逐艦とフィリピン船籍の大型コンテナ船が衝突して米兵7人が死亡した事故で、国の運輸安全委員会は29日、イージス艦側が別の船に気を取られて見張りが不十分だったことなどが原因とする報告書を公表した。

 事故は17年6月17日午前1時半ごろ、米海軍横須賀基地(神奈川県)に配備されていたイージス艦「フィッツジェラルド」の右舷中央部と、コンテナ船「ACXクリスタル」の左舷船首部分が衝突。イージス艦の乗員7人が死亡、3人がけがをした。

 報告書によると、事故当時、イージス艦は南に、コンテナ船は東に向かって航行。海上衝突予防法では2隻の船が交差する場合、相手を右に見る船に回避行動を取る義務があるため、イージス艦側に回避義務がある位置関係にあった。

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. 一斉休校は「科学より政治の悪い例」 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです