メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伸びる新幹線の「鼻」 速度アップより騒音の抑制

次世代新幹線の試験車両「ALFA-X」=JR盛岡駅で、和田大典撮影

 新幹線の「鼻」が、時代を越えて伸びている。東北新幹線で試験走行が続く試験車両「ALFA―X(アルファエックス)」の先頭車両(1号車)の先端部分は22メートルに及び、全長26・25メートルの8割を超える。「団子鼻」の愛称を持つ初代「0系」が1964(昭和39)年に登場してから半世紀あまり。令和を走る試験車両はシャープなシルエットでスピード感にあふれる。ただし、その最大のミッションは速度アップではなく騒音の抑制にある。

 JR東日本は5月からALFA―Xの試験走行を始め、2022年3月まで継続する。営業運転として最高時速360キロ、試験段階では400キロに挑む。それでも、JR東の浅野浩二・先端鉄道システム開発センター所長は「スピードは最重要ではない」と言う。同社は93年に別の試験車両で時速425キロを既に記録。今回の試験では、鼻が16メートルのALFA―Xも走らせ、「どの鼻の長さでより騒音を抑えられるかデータを収…

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文1057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです