メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プログラミング教育の地域格差が課題に 民間団体や若手起業家らに注目

「CoderDojo」の柏の葉道場で、高校生(左端)にヒントをもらいながらプログラミングを楽しむ小学生たち=2019年7月21日午前11時28分、千脇康平撮影

 来年度以降、小中学校で必修になるプログラミング教育の地域格差が課題になっている。プログラミング教育を巡っては、国の調査で小規模自治体ほど対応が遅れている傾向が明らかになった。「学びの差」をなくす役割として注目されているのが民間団体や若手起業家らだ。

 7月21日、千葉県柏市の駅前ビル。小学生7人がパソコンでプログラミングソフトを操る方法を学んでいた。教えるのはボランティアの高校生ら。「うまくいかない」と首をかしげる児童に、高校生がヒントを出した。「正しく動いてるよ。でも、効果が見える設定になっているかな」

 主催は、子どもにプログラミングに触れる機会を無料で提供する「CoderDojo(コーダー道場)」の…

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1177文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです