メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プログラミング教育の地域格差が課題に 民間団体や若手起業家らに注目

「CoderDojo」の柏の葉道場で、高校生(左端)にヒントをもらいながらプログラミングを楽しむ小学生たち=2019年7月21日午前11時28分、千脇康平撮影

 来年度以降、小中学校で必修になるプログラミング教育の地域格差が課題になっている。プログラミング教育を巡っては、国の調査で小規模自治体ほど対応が遅れている傾向が明らかになった。「学びの差」をなくす役割として注目されているのが民間団体や若手起業家らだ。

 7月21日、千葉県柏市の駅前ビル。小学生7人がパソコンでプログラミングソフトを操る方法を学んでいた。教えるのはボランティアの高校生ら。「うまくいかない」と首をかしげる児童に、高校生がヒントを出した。「正しく動いてるよ。でも、効果が見える設定になっているかな」

 主催は、子どもにプログラミングに触れる機会を無料で提供する「CoderDojo(コーダー道場)」の…

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1177文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです