メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外即位祝賀パレードの延期検討 政府、台風配慮

九州北部大雨 3人死亡 30日夕にかけて厳重な警戒を

大雨で孤立した順天堂病院に自衛隊のゴムボートで向かう病院職員=佐賀県大町町で2019年8月29日午前7時0分、浅野孝仁撮影

 記録的な大雨に見舞われている九州北部は29日も各地で断続的に雨が降った。佐賀県では同日朝、武雄市で浸水した民家から90代の女性が遺体で見つかった。一連の大雨では佐賀、福岡両県で3人が死亡、意識不明が1人、行方不明が1人となった。佐賀県大町町の順天堂病院では患者ら215人の救助ができず、孤立状態が続いている。九州北部では、30日朝にかけて非常に激しい雨が降る見込みで、気象庁は引き続き厳重な警戒を呼びかけている。

 武雄市北方町志久で29日午前4時半ごろ、民家の1階でこの家に住む90代の女性が泥にまみれて倒れてい…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1134文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 五輪マラソン、札幌開催に自信 IOC調整委員長「実行する」 早急にコース計画

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです