メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外居酒屋、理美容店など営業認める 東京都

九州北部大雨、孤立の病院へ自衛隊がゴムボートで救援

 引かない水、漂う油の臭い――。大雨で流出した油混じりの水に囲まれ、孤立状態にある佐賀県大町町の順天堂病院では、29日早朝から自衛隊がゴムボートを使って交代の職員や食料、水などを送り届ける作業が続いた。同県武雄市では、新たに足腰の弱い1人暮らしの高齢女性の死亡を確認。交通網は一部で復旧が始まったが、乱れが続いている。【佐野格、浅野孝仁、山口響】

 29日未明に90代の女性が遺体で見つかった、武雄市北方町志久の住宅の近所に住む主婦によると、女性は1人暮らしで、足腰が弱っていたという。付近は28日午前中には胸付近まで水につかる状態となり、住民らは消防のボートに救出されて近くの公民館に避難した。しかし、女性の姿が見当たらず、消防などが捜していた。また、28日午前8時ごろにこの女性に電話したという別の住民(78)によると、女性は「(水かさが増えても)2階に上がるから大丈夫」と話していたといい、「直接家に助けに行けばよかった。悔やんでも悔やみきれない」と肩を落とした。

 武雄市と隣接する大町町の順天堂病院では、取り残された入院患者ら向けの物資と交代要員の輸送が続いた。

 27日から勤務し、自衛隊のボートで病院を離れた非常勤医師の曽和信正さん(67)や20代の看護師によると、病院は1階部分が浸水。医療機器や敷地内にある老人保健施設1階の入居者は、2階以上に移動させた。

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文1236文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  2. 東京都 感染拡大防止協力金に最大100万円 休業要請の事業者に

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性化を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  5. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです