特集

プライム司法

司法にかかわるさまざまな話題を伝えます。

特集一覧

記者のこだわり

「病気の妻を残して帰れない」 来日31年男性の叫び 外国人政策に翻弄されて

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見するモハメド・サディクさん=東京都内で2019年8月19日午後1時15分、金子淳撮影
記者会見するモハメド・サディクさん=東京都内で2019年8月19日午後1時15分、金子淳撮影

 違反者は無期限で収容できる。人道的配慮から「仮放免」となっても、働いて生活費を稼ぐことは禁じられ、県外への移動にはその都度、許可が必要となる。定期的な出頭も義務づけられ、その場で突如、再収容される可能性もある――。遠い外国の話ではない。現代の日本で、不法滞在の外国人に対して行われている対応だ。30年以上日本に暮らすパキスタン人、モハメド・サディクさん(55)も、そんな扱いを受けてきた仮放免者の一人。8月中旬、国に対し在留特別許可を求める訴えを東京地裁に起こした。彼の人生をたどると、不条理にさえ思える日本の外国人政策が浮かんできた。【東京社会部・金子淳】

この記事は有料記事です。

残り4398文字(全文4678文字)

あわせて読みたい

注目の特集