メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#新学期のあなたに

作家・浅生鴨さん「死にたいって思うこともあるよ」と伝えたい 受け止めるところから

インタビューに答える作家の浅生鴨さん=東京都港区で2019年8月26日、根岸基弘撮影

 2017年から「#8月31日の夜に。」と題し、「学校に行きたくない」「つらい」という10代たちが気持ちをはき出す場となる番組やウェブキャンペーンに携わっています。18年にウェブサービス「note」で不登校などの体験談を集めたら1000件を超える投稿が寄せられました。それらを本にまとめ、今月出版しました。

 今悩んでいる子どもには「死んではいけない」ではなく「死にたいって思うこともあるよ」と伝えたい。本当は「10代」「子ども」とひとくくりにできないくらい、1人ずつ悩みは違う。

この記事は有料記事です。

残り920文字(全文1159文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです