メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

ファッション評論家 ピーコさん 44歳、がんで左目摘出 シャンソンに励まされ

 「あれ? 原稿用紙のマス目がちゃんと見えないわ」

 テーブルの上に原稿用紙を広げると、マス目の横の線がピンピンと跳ね上がっているように見えた。左目だけで見ると、右目で見た時よりもマス目が半分も小さい。左目の脈絡膜にできた皮膚がんの一種「メラノーマ(悪性黒色腫)」の症状に気付いた瞬間だった。

 医者からは、放っておくとがん細胞が視神経だけではなく、脳や全身に転移し、命を落とす危険性を指摘された。左目を摘出するか、否か。家族と相談してほしいと言われた時、すぐに摘出を申し出ていた。

 「その先生、『あなたのように男らしい人はなかなかいない』だって」。44歳の夏だった。

この記事は有料記事です。

残り1331文字(全文1613文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです