メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 日本の映画市場が活況を呈している。主要配給会社の7月までの累計興行収入は前年比2割増と発表され、その後も堅調な動き。この状況は、世界最大市場の北米と比べても目を見張るものがある。北米はメガヒットを連発しているディズニーの存在感が顕著だが、市場全体は昨年比で減少傾向という。

 これに対して日本では、ローカル映画=邦画も好調なことが活況の一因だ。日本でもディズニーは、「ライオン・キング」「トイ・ストーリー4」などが大ヒット中。加えて…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  3. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです