メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

帰れない二人 激動する社会の外で

 中国のジャ・ジャンクー監督は、祖国の急速な発展から取り残される人々に目を向けてきた。出世作「一瞬の夢」から20年、自身と共に映画も成熟し、本作では社会の外で生きる中年男女の哀愁を、中国の今と重ね合わせる。

 2001年の山西省。ビン(リャオ・ファン)は恋人チャオ(チャオ・タオ)と仲間を束ね、“渡世人”を自称する。ある時若者の集団に襲われたビンを助けるため、チャオは拳銃を発砲して投獄された。数年後に出所すると、ビンは行方が分からなくなっていた。およそ20年にわたる2人の転変を追う。

 21世紀の中国は、北京五輪を開催し三峡ダム建設を進め、着々と大国の体裁を整えてきた。ビンはその勢い…

この記事は有料記事です。

残り1049文字(全文1341文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです