銀行

お堅いイメージ、装いを軽く 服の自由化広がる 異業種参入、人材確保に危機感

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
全行員の服装を自由化した静岡銀行。本部オフィスではポロシャツや襟なしシャツ姿で働く=静岡市清水区で
全行員の服装を自由化した静岡銀行。本部オフィスではポロシャツや襟なしシャツ姿で働く=静岡市清水区で

 スーツにネクタイと堅いイメージが強い銀行の職場が変わり始めている。静岡銀行(静岡市)と新生銀行(東京都)は8月から、働き方改革の一環として全行員の服装自由化に踏み切り、メガバンクの三井住友銀行も、東京の本店勤務で窓口対応がない行員を対象に7、8月限定でTシャツ、ジーパンなど軽装を認めた。信用第一を旨とし行員の服装を厳しく律してきた銀行界で、何が起きているのか。【古川幸奈】

 静岡市清水区の静岡銀行本部のオフィスでポロシャツ姿の男性や、襟なしのシャツを着た女性がパソコンで作業する。経営管理部で働き方改革を担当する遠藤威・主任調査役(40)は「今日は取材があるからジャケット、普段はTシャツ。場面に応じて服を変えています」と話す。

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1047文字)

あわせて読みたい

注目の特集