メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銀行

お堅いイメージ、装いを軽く 服の自由化広がる 異業種参入、人材確保に危機感

全行員の服装を自由化した静岡銀行。本部オフィスではポロシャツや襟なしシャツ姿で働く=静岡市清水区で

 スーツにネクタイと堅いイメージが強い銀行の職場が変わり始めている。静岡銀行(静岡市)と新生銀行(東京都)は8月から、働き方改革の一環として全行員の服装自由化に踏み切り、メガバンクの三井住友銀行も、東京の本店勤務で窓口対応がない行員を対象に7、8月限定でTシャツ、ジーパンなど軽装を認めた。信用第一を旨とし行員の服装を厳しく律してきた銀行界で、何が起きているのか。【古川幸奈】

 静岡市清水区の静岡銀行本部のオフィスでポロシャツ姿の男性や、襟なしのシャツを着た女性がパソコンで作…

この記事は有料記事です。

残り809文字(全文1047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  2. 「世界で最もパワフルな女性」独メルケル首相、グレタさんは100位 米誌

  3. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  4. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

  5. 「空飛ぶサケ」クマ牧場をゆく 寒風さらし上質トバに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです