メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

「東海道五拾三次」の出発点、東京・日本橋 江戸と令和、重なる商都

現在の日本橋。頭上を覆う首都高速道路は地下化の計画が進められている=東京都中央区で、藤原禎恵撮影

 大阪市立美術館で開催中の特別展「メアリー・エインズワース浮世絵コレクション」。来日を機に浮世絵版画の美しさに魅了された、アメリカ人女性コレクターの収集品200点が一堂に並んでいる。出品作品のうち、歌川広重「東海道五拾三次之内」に描かれる「日本橋」かいわいを歩いた。【藤原禎恵】

 1867年にアメリカ・イリノイ州に生まれたエインズワースは、1906(明治39)年に日本を訪れた。美しい浮世絵に魅了され、1500を超える作品を収集。そのうち、風景画の名手として知られた広重の作品は、コレクションの半数を占める。教科書でもおなじみの出世作「東海道五拾三次之内」は、東海道の53の宿場に、出発点の「江戸・日本橋」と終着の「京・三条大橋」を加えた55図からなる。

 エインズワースはシアトルから横浜へ船で到着したことは分かっているが、その後の日本国内での足取りはは…

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1385文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです