メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

「東海道五拾三次」の出発点、東京・日本橋 名橋「日本橋」保存会会長・中村胤夫さん

「残・蘇・創」の心で水のまちに 中村胤夫さん(82)

 地元の人たちは皆、日本橋が好きで誇りに思っています。年に1度、ボランティアが橋を掃除する「橋洗い」のようなイベントを行う一方、ゴミ拾いや打ち水など日常の生活の中でできることを心がけています。橋や川の水を奇麗にして、かつて水の都と呼ばれた美しい日本…

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文327文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです