メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本クラブカップバレー

6人制女子 リガーレ仙台がV報告 Vリーグ参戦、市長エール /宮城

リガーレ仙台の「L」のポーズで記念撮影する郡和子市長(前列中央)と選手ら=仙台市役所で

[PR]

 9~12日に開催された第39回全日本6人制バレーボールクラブカップ女子選手権大会(毎日新聞社・日本バレーボール協会・日本クラブバレーボール連盟主催、デサントジャパン協賛)で優勝した「リガーレ仙台」の選手らが29日、仙台市の郡和子市長を表敬訪問した。

     リガーレ仙台は昨年8月に結成。元日本代表のリベロ、佐藤あり紗選手らを擁し、同大会は初出場ながら準々決勝以外の全試合をストレート勝ちして初優勝を果たした。

     遠藤健三部長が「当初は選手4人で活動し、今年の春に選手12人がそろった」と紹介すると、郡市長は「春から短時間でチームをつくり上げ、すばらしい活躍をしてくれた。Vリーグに参入して仙台を盛り上げてほしい」と、チームの目標の「Vリーグ参戦」にエールを送った。佐藤選手は「Vリーグ参戦のため、今回の結果だけで満足せずに選手個人のレベルアップを目指したい」と前を見据えた。【滝沢一誠】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

    2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

    3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

    4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

    5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです