メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 川俣産アンスリウム、本格出荷 近大と連携、高品質38種東京へ /福島

初の本格出荷に向けてアンスリウムを切り取る富永さん=福島県川俣町秋山で

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興のシンボルとして川俣町と同町ポリエステル媒地活用推進組合、近畿大が連携して栽培する観葉植物「かわまたアンスリウム」の本格出荷が始まった。29日は、東京都中央卸売市場大田市場(東京都大田区)へ向けて38種類、計1200本が運び出された。30日は佐藤金正町長や同組合員らが大田市場で販売促進キャンペーンを行う。

 かわまたアンスリウムは、近畿大が2012年に始めた「オール近大・川俣町復興支援プロジェクト」の一環…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです