メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「洗骨」前橋で公開 「ゴリ監督」舞台あいさつ 沖縄の神秘的風習「家族で見て」 /群馬

「洗骨」の監督を務めたゴリさんこと照屋年之さん=前橋市千代田町の前橋シネマハウスで

 沖縄の風習を通じて家族の絆を描いた映画「洗骨」の公開を記念し、監督を務めた、お笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリさんこと照屋年之さんが、前橋市千代田町の映画館「前橋シネマハウス」を訪れた。照屋監督は舞台あいさつで「子どもからお年寄りまで楽しめる映画になっている」とPRした。

 洗骨とは「風葬」と呼ばれる葬祭の一部で、遺体を数年間洞窟などに置いて風化させた後、骨を洗い埋葬する習慣。現在でも沖縄の離島の一部などに残っているという。映画の舞台は沖縄・粟国島。妻の死を受け入れられず酒にお…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです