メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘルプマーク

県ついに導入 都道府県で40番目 見かけたら手助けを /千葉

千葉県が作成したヘルプマーク=県提供

 外見からは分かりにくい障害や病気などがある人が支援を必要としていることを周囲に知らせる「ヘルプマーク」。これまで39都道府県が導入していたマークの導入を県は決め、30日に配布を開始する。内部障害のある男性は「ヘルプマークの認知度が上がり、支援を必要としていることを周囲の人がすぐに理解してくれるようになれば」と期待する。【町野幸】

 ヘルプマークは赤色に白色で十字とハートマークが描かれたデザインのストラップ式のもので、外見から障害や病気があることが分かりにくい人が、カバンなどに付けることで配慮や手助けが必要なことを周囲に知らせることができる。

この記事は有料記事です。

残り871文字(全文1144文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. フィギュア界のサラブレッド躍動 新王者・鍵山 羽生以来の17歳 NHK杯

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです