アオサギ

巣撤去 古木の保全と回復へ 宮津 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 宮津市鶴賀の国道178号にある宮津城ゆかりの古木にアオサギが集団営巣して木が弱っていた問題で、道路を管理する府の丹後土木事務所は29日に巣を撤去した。枝を切って樹勢の回復を促し、巣を作りにくくする対策も検討するという。

 木の上の方には40個もの巣があってアオサギが子育てしてきたが、最近は幼鳥が成長して巣に戻る鳥は少なくなった。この日は朝から作業員…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

あわせて読みたい

注目の特集