メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒロシマを生きて

被爆記者の回想/52 証言者/2 対等な語り、生徒ら感動 “荒れた学園”の修学旅行 /広島

 1983(昭和58)年11月、原広司さんらが組織する「ヒロシマを語る会」に、被爆体験の証言を依頼してきたのは、修学旅行に来た大阪・A高校だった。

 戦後の日本では、学園紛争が相次いだ。大学では昭和30年代の「60年安保改定反対闘争」や、同40年代の「ベトナム反戦闘争」などが過激派学生の行動の足場となった。

 大学闘争が沈静化した後は、一部の高校や中学校で、形を変えて“荒れる学園”現象が続いた。学校によって…

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです