メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇宙監視レーダー

山陽小野田設置計画 住民から不安の声相次ぐ 防衛省、地元で2度目の説明会 /山口

防衛省担当者の説明を聞く住民ら

 防衛省中国四国防衛局は28日、山陽小野田市埴生に設置を予定している宇宙監視レーダーについて、同市の埴生公民館で住民説明会を開いた。2017年11月に続く2度目の説明会には、住民ら約50人が集まり、レーダーの概要や影響などについて防衛省担当者に質問した。

 宇宙監視レーダーは、政府が進めている防衛省や宇宙航空研究開発機構(JAXA)などによる宇宙監視体制の一環。スペースデブリ(宇宙ごみ)を監視する目的で、同市埴生の海上自衛隊山陽受信所跡地に直径約15メートルのパラボラアンテナ6基の設置を予定している。9月に着工し、23年度の完成と運用…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです