メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

角膜初移植 阪大、大幅に視力改善

iPS細胞を使った角膜移植のイメージ

 大阪大は29日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った角膜の細胞を世界で初めて患者の目に移植したと発表した。患者の左目はほぼ見えない状態だったが、西田幸二教授(眼科学)のチームが7月25日に臨床研究として手術し、視力が大幅に改善したという。経過は順調。今後さらに患者3人に移植し、治療法の安全性や有効性を確認する。

 患者は、黒目の表面を覆う角膜が濁り、失明の恐れがある重症の「角膜上皮幹細胞疲弊症」の40代女性。研…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです