メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

新しいG7の形=西川恵

 <kin-gon>

 仏ビアリッツでの主要7カ国首脳会議(G7サミット)は、議長を務めたマクロン仏大統領の主導力で、新しいサミットの形を作ったように思う。1975年、「サミット」を考案したフランスは、そのモデル転換への道筋もつけたと後に言われるかもしれない。

 マクロン氏が並々ならぬ意欲をもってサミットの準備に当たっていることは伝えられていた。常々、同氏は「予定調和的で型にはまったマンネリのサミットにはしない」「創造的破壊で新しいモデルを作る」「サミット不要論にくみしない」と言っていた。

 新興国の台頭と先進民主主義国の相対的な地位低下、トランプ米大統領の自国第一主義といった国際政治環境…

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1029文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです