メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

iPS、進む臨床研究 阪大、初の角膜細胞移植 実用化へ高まる期待

記者会見でiPS細胞から作った角膜細胞の移植について説明する西田幸二教授(奥)=大阪府吹田市で2019年8月29日、望月亮一撮影

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った再生医療の実用化が着実に近づいている。山中伸弥・京都大教授が2006年にiPS細胞を発表してから13年。大阪大が29日、世界3例目の臨床研究となった角膜移植を発表したほか、今年度は心筋移植など3例の臨床研究が予定される。ただ、細胞のがん化や拒絶反応などの課題は残され、医療として普及させるためにも安全性の慎重な見極めが欠かせない。【松本光樹】

 「研究を始めてから13年。基礎研究を重ね、自信を持って臨床研究を始めた」

この記事は有料記事です。

残り3002文字(全文3230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです