メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

ネット専業銀行の特徴は? 店舗なし低コスト強み、異業種参入で広がり=回答・浅川大樹

 なるほドリ 「インターネット専業(せんぎょう)銀行」ってどんなもの?

 記者 これまでの銀行とは違い、実際のお店を持たずインターネット上で営業する銀行のことです。銀行業界の競争を促すための規制緩和(かんわ)の一環として2000年に異(い)業種(ぎょうしゅ)の参入やこれまでにない形態(けいたい)の銀行が認められ登場しました。パソコンやスマートフォンを使いネット上で口座(こうざ)開設(かいせつ)や振り込みなどができます。通帳は発行せず、預けたお金は提携している金融機関のATM(現金自動受払(うけばらい)機)で引き出します。

 Q 普通の銀行でもネットで振り込みなどができるよね。

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです