メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界@日本

障害者の政界進出事情 タイ/英国/米国/EU/南ア/韓国/日本

盲導犬と共に首相官邸前を歩く労働党のデビッド・ブランケット氏=ロンドンで2005年、ロイター

 7月の参院選でれいわ新選組から難病の筋萎縮性側策硬化症(ALS)患者、舩後(ふなご)靖彦氏と脳性まひの木村英子氏が初当選し、重度の障害を持つ2人が国政への進出を果たした。障害者の政界進出や議会のバリアフリー化を巡る各国の事例をまとめた。

 @タイ

 タイでは2014年から軍事政権が続いていたが、3月にようやく民政復帰に向けた総選挙(下院、定数500)が実施され、足に障害のある2人の候補が当選した。

 そのうちの一人、チュラパン・ノンシリチャイ議員は、3年前に地元・北部チェンマイでのバイク事故で左足を切断。それ以来、義足を装着しているが「活動に支障はないし、議場も問題はない」と話す。

この記事は有料記事です。

残り3754文字(全文4046文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです