メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TICAD7

アフリカへ熱視線 日本企業、商機探る 三菱商事、電力供給会社に出資/ヤマハ発、配送・タクシー事業

「日本・アフリカビジネスフォーラム」で意見を交わす登壇者たち=横浜市で2019年8月29日、神崎修一撮影

 横浜市で開催中の第7回アフリカ開発会議(TICAD)は29日、企業活動をテーマに官民合同の議論を行った。アフリカ側からは投資を熱望する声が上がり、日本企業は前向きな姿勢を示した。今後の成長が期待されるアフリカでは、ITを中心に革新的な製品やサービスを提供するスタートアップ企業の創設が相次いでおり、日本企業もこれらの企業への投資などで商機をうかがっている。

 「世界で最も有望な投資先だ」。同日午前中に開かれた「官民ビジネス対話」で、エジプトのシシ大統領はアフリカへの投資を呼びかけた。アフリカ大陸には約12億人が暮らし、GDPは3兆4000億ドルに上る。世耕弘成経済産業相は「スタートアップの活躍で革新的なビジネスチャンスが生まれる」と述べ、日本企業の進出を後押しする考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り1143文字(全文1486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです