メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

新中産階級モデルの創造を=経営共創基盤CEO・冨山和彦

 昭和の「1億総中流」の時代を懐かしむ声は多い。我が国の中産階級の没落現象が平成以降の経済不振のせいかというと、グローバル革命とデジタル革命時代の勝ち組の米国でも分断が問題になっている。これを貪欲な資本主義のせいにする議論も盛んだが、社会民主主義的な欧州でも同じようなことが起きており、イデオロギー主犯説は説得力を欠く。

 私の目には産業構造の変化がもたらした現象に思えてならない。かつて大量の中産階級雇用を生み出した大手製造業はデジタル革命によって付加価値を失いつつ、グローバル化のなかで低賃金の新興国に生産拠点を移していく。その代わりに台頭するデジタル産業は少数の高度人材に支えられる知的資本と設備資本の産業。巨大IT企業のGAFAが隆盛を誇っても、そこから先進国で生まれる中産階級雇用は驚くほど少ない。結局、先進国の…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. バッハIOC会長 東京オリンピックに自信「ワクチンなしでも安全に開催できる」

  3. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  4. 同性カップル、2府県67市区町が公認 1000組超認定 支援団体「法制化を」

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです