メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業版ふるさと納税

負担減 4割から1割に

愛媛県に宅配便で届けられた大量の1万円札=愛媛県庁で2019年2月14日、花澤葵撮影

 自治体の地域活性化事業に寄付した企業の税負担を軽くする「企業版ふるさと納税」について、政府は来年度から企業の実質負担を現行の4割から1割へ軽減する。内閣府などが29日に発表した来年度の税制改正要望に盛り込んだ。

 今年度で期限を迎える現行制度では企業が本社所在地以外の自治体に寄付すると、寄付額の6割…

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです