メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛媛の匿名寄付

引き換え額、ほぼ推計通り1億円 日銀支店で鑑定 県が活用へ

 愛媛県は29日、寄付として1月に宅配便で届いた劣化の激しい大量の1万円札について、新紙幣との引き換え額が当初の推計とほぼ同じ総額1億661万円になったと発表した。水分を吸って変色し20個ほどの塊になった紙幣を、日銀の職員が一枚一枚はがし、約4カ月かかって鑑定した結果、99%が有効な1万円札と認められた。

 県は子育て支援と防災・減災の基金にほぼ半額ずつ積み立て、来年度以降に活用する。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  5. 「9月入学」狂騒曲 首相「指示」で始まったが…文科省幹部「最初から無理だと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです