メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

隣人とともに

日本・韓国 文化を関係の中心に 北海道大大学院准教授・金ソンミンさん(43)

金成〓さん(43)

 一昨年ごろから始まった第3次韓流ブームは堅調です。日韓の政治対立が深まる中、8月上旬に東京ドームであったK-POPのイベントも盛況でした。K-POPのミュージシャンたちは、かつてのように日本市場での成功をゴールとしておらず、グローバルな活躍を目指してソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などで世界に発信しています。日本のファンたちも「韓国の流行音楽」としてではなく、「世界的な流行の一つ」として受け入れるようになりました。

 K-POPが日韓だけの枠に収まらず、日本のファンもSNSで世界のファンと情報を共有しているから、対…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  4. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

  5. 香港理工大、事実上制圧状態に 拘束5000人 米民主化支援法案歓迎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです