メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝鮮学校無償化訴訟

大阪朝鮮学校も敗訴 最高裁上告棄却

 大阪朝鮮高級学校(東大阪市)を高校無償化の対象にしなかった国の処分は違法だとして、学校を運営する学校法人・大阪朝鮮学園(大阪市)が処分の取り消しなどを求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)は27日付で学校側の上告を棄却する決定を出した。学校側の逆転敗訴を言い渡した2審判決が確定した。裁判官5人全員一致の意見。

 第3小法廷は同日付で、東京朝鮮中高級学校(東京都北区)の元生徒が国に賠償を求めた訴訟でも、元生徒側の上告を棄却する決定を出していた。名古屋、広島、福岡の3高裁で審理が続く同種訴訟に影響を与えそうだ。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです