メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

日ごろから防災「プチ訓練」

必需品の一つとして涌井さんらが携行を勧める「災害準備ノート」。処方薬や病歴、家族の連絡先などを記入しておけば、災害時に素早く治療を受けられる=東京都健康長寿医療センター研究所提供

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 地震や水害が起きるたび、高齢者ら多くの「災害弱者」が犠牲になる。不自由な体で逃げ遅れたり、長引く避難生活などで心身が弱ったりするためだ。9月1日は防災の日。手軽にできる「高齢者向けの防災」に着手してみませんか?

 8月中旬。「お年寄りの原宿」東京・巣鴨で、男女各5人ずつ計10人(70~80代)に、災害への備えや防災に関する悩み事について尋ねた。

 備蓄など災害のための何らかの備えについては、5人が「全くしていない」と答えた。理由は「やっても仕方…

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1495文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです