メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部大雨

死者3人に 浸水拡大は「内水氾濫」 病院孤立続く

使用した油の吸着マットを回収する自衛隊員ら。右奥は冠水で孤立したままの順天堂病院=佐賀県大町町で2019年8月29日午後3時10分、森園道子撮影

 記録的な大雨に見舞われた九州北部は29日も局地的に激しい雨が降った。孤立状態が続く佐賀県大町町の順天堂病院には自衛隊などがボートで食料品や救援物資などを運んだが、孤立は解消できず、入院患者ら184人は2階以上で避難したままだ。国土交通省は、近くの鉄工所から流出し、病院を取り囲む水に混じった約5万リットルの油の除去を進めており、30日中の孤立解消を目指すとしている。

 29日には同県武雄市北方町の浸水した住宅の1階で、この家に住む96歳の女性が溺死しているのが新たに…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです