iPS細胞

移植、角膜でも 阪大、視力改善 世界3例目

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
iPS細胞を使った角膜移植のイメージ
iPS細胞を使った角膜移植のイメージ

 大阪大は29日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った角膜の細胞を世界で初めて患者の目に移植したと発表した。患者の左目はほぼ見えない状態だったが、西田幸二教授(眼科学)のチームが7月25日に臨床研究として手術し、視力が大幅に改善したという。経過は順調。今後さらに患者3人に移植し、治療法の安全性や有効性を確認する。

 患者は、黒目の表面を覆う角膜が濁り、失明の恐れがある重症の「角膜上皮幹細胞疲弊症」の40代の女性。研究チームは、京都大に備蓄された第三者のiPS細胞から角膜の細胞を作り、厚さ約0・05ミリのシート状に加工。約2時間の手術で、損傷した左目の角膜を取り除き、角膜シートを移植した。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文821文字)

あわせて読みたい

注目の特集