メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふくおか探索

北九州市・木屋瀬地区 長崎街道の宿場町 町全体が博物館 歴史伝える建物など色濃く残る

白壁の和風建築が周囲の景観とマッチした北九州市立長崎街道木屋瀬宿記念館(左)。道向かいの右の建物は問屋場だった野口靖彦さんの自宅

 長崎街道の宿場町として、また遠賀川の水運の船着き場として栄えた北九州市八幡西区木屋瀬(こやのせ)地区。旧街道沿いを歩けば庄屋や宿屋などの面影が色濃く残る町並みが続く。その中心部に建つのが木屋瀬の文化発信拠点で、来年度に開館20周年を迎える市立長崎街道木屋瀬宿記念館だ。記念館を訪ね、古い町並みを散策しながら往時に思いをはせた。【早田利信】

 木屋瀬宿は、福岡藩領の長崎街道にあった筑前六宿(むしゅく)と呼ばれる六つの宿場の一つ。江戸末期には…

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1374文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです