防衛省、概算要求 1.2%増で最大の5兆3223億円

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
防衛省=東京都新宿区で、小川昌宏撮影
防衛省=東京都新宿区で、小川昌宏撮影

 2020年度予算編成に向けた各省庁の概算要求が30日、出そろった。一般会計の要求総額は105兆円程度となり、6年連続で100兆円を超えた。過去最大だった19年度の概算要求102・8兆円を上回り、2年連続で更新した。高齢化に伴う社会保障費増加や安全保障環境の厳しさから防衛費が膨らんだのが主因。財務省は年末の予算編成に向け査定作業を本格化する。

 要求総額のうち、医療や年金などの社会保障費は、19年度当初予算比1・8%(5353億円)増の30兆5269億円。地方自治体に配る地方交付税交付金は4・0%(6398億円)増の16兆8207億円となった。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文488文字)

あわせて読みたい

注目の特集