メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防衛省概算要求、「いずも」空母化などで膨らむ 米国とのFMSは5013億円

フィリピン・パラワン島周辺のスールー海を航行する海上自衛隊の護衛艦「いずも」=2019年6月28日午前8時40分、町田徳丈撮影

 防衛省は2020年度予算の概算要求で、過去最高となる5兆3223億円を要求した。昨年末に策定した「中期防衛力整備計画」(中期防)で重視した宇宙やサイバー、電磁波など「新領域」での能力向上にかかる費用や、海上自衛隊の護衛艦「いずも」を「空母化」する改修費(31億円)などが膨らんだ。12月の当初予算案も、19年度の5兆2574億円を超え、過去最高を更新する見通し。

 米軍再編関係経費(19年度当初・1935億円)は、前年に続き、金額を明示しない「事項要求」とした。…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです