メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

データ社会考~米国の現場から

フェイスブックをやめますか? 利用者減少、世界最大SNSの「曲がり角」

大量の個人情報の流出問題をめぐり、米議会上院の公聴会に出席する米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者=ワシントンで2018年4月10日、AP

 「GAFA」と呼ばれる巨大IT企業に逆風が吹いている。きっかけは昨年、交流サイト(SNS)「フェイスブック(FB)」で発覚した個人情報流出問題だ。利用者のFB離れが表面化し、当局も規制強化に動き出した。一方で、GAFAが生み出したデータ活用の流れは加速し、社会や経済を大きく変えようとしている。転換期にさしかかったデータ社会の「今」を米国から報告する。【横山三加子/外信部】

この記事は有料記事です。

残り2127文字(全文2315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです